Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「どじょうと金魚」 小川 未明

アプリの「新着」にあったのが目について読んだ。 小川未明の作品はおそらくはじめて読む。「赤い蠟燭と人魚」の人、というイメージだが、読んだことはないのである。 とても短い作品で、夢野久作の子供向け作品のような印象を受けた。 ある日(ひ)、子供(…

「明治開化 安吾捕物 その八 時計館の秘密」 坂口 安吾

変化球。海舟と虎之介は後半に少し顔を出して間違った推理を披露するが、それだけである。新十郎もさらっと登場するのみ。そして犯人を知りながら(正確には「殺人があったということを知りながら」と言うべきかもしれない。ほかの者にはただの失踪と思われ…

「安吾巷談 05 湯の町エレジー」 坂口 安吾

温泉街の、憎めない盗人。 およそ犯罪者につきものの、残忍さや卑怯さといったものとは違い、鮮やかな手口はむしろ痛快ですらある。 捕まったあと、差し入れにも手をつけず(おどろくべきことに、この盗人にはたくさんの差し入れがあるのである)何も口にし…

「安吾巷談 04 今日われ競輪す」 坂口 安吾

安吾は競輪の不正を告訴しているが、この「今日われ競輪す」では、八百長の仕組みや必然性を鮮やかに解き明かしている。本当かどうかわからないが、説得力がある。 そして主張もまっとうである。 八百長の元は、場内整理にボスが当り、選手派遣についてもボ…

「安吾巷談 03 野坂中尉と中西伍長」 坂口 安吾

一人の部隊長があって、作戦を立て、号令をかけていた。ところが、この部隊長は、小隊長、中尉ぐらいのところで、これが日本共産党というものであった。その上にコミンフォルムという大部隊長がいて、中尉の作戦を批判して叱りつけたから、中尉は驚いて、ち…

「安吾巷談 02 天光光女史の場合」 坂口 安吾

政党を異にするものの結婚生活が成立するか。 ここで問題になっている具体的な案件についてはよくわからないが、おそらく当時の時事ネタ(というかゴシップ)なのであろう。 私は恋愛だとか結婚というものを処世の具に用いることを必ずしも悪いとは思わない…

「安吾巷談 01 麻薬・自殺・宗教」 坂口 安吾

戦後間もない時期の世相を活写した、ルポルタージュ。1950(昭和25)年1月号から12月号にかけて、「文藝春秋」に連載された。前年2月から4月にかけて、作者は、睡眠薬(アドルム)中毒の治療のため、東大病院精神科に入院した (青空文庫の説明より) 安吾が…

「日本文化私観」 坂口 安吾

「堕落論」に次いで代表作にあげられる安吾のエッセイ。 米粒写経の居島一平さんが、「高校時代に公園で坂口安吾の日本文化私観を読んでひとりでさめざめと泣いた」という話をしていた。わたしが言うのもおこがましいが、良いエッセイだった。 わたしは「美…

「明治開化 安吾捕物 その七 石の下」 坂口 安吾

囲碁好きの安吾らしい作品。碁の最中に毒を盛られた千頭津右衛門は、碁盤の方角を指さして死んだ。それが、津右衛門しか知らない宝の在り処を示すダイイングメッセージというわけだ。 これは「石の下」という手で、碁をよく知るものにしか分からない。それか…

「明治開化 安吾捕物 その六 血を見る真珠」 坂口 安吾

真珠の密漁をする部分が面白かった。 世界観というか毛色がちょっと違うように感じたので、どうやって新十郎たちを登場させるのだろうと思ったが、要らぬ心配だった。それから3年後に未亡人が依頼人として訪ねてくるのである。 最後は論点をずらしていいこと…

「明治開化 安吾捕物 その五 万引家族」 坂口 安吾

だんだん冒頭の「海舟と虎之介」のシーンが省略されるようになり、「事件の話をたっぷり語ったうえで後半にようやく名探偵が登場する」という、江戸川乱歩の明智小五郎シリーズのようになってきた。事件は虎之介の聞き伝えでなく、字の文で語られる。 「万引…

「明治開化 安吾捕物 その四 ああ無情」 坂口 安吾

この作品は、アニメ「un-go」の第二話のモチーフとなっている。 とはいえストーリーはほぼ別物と言ってよく、「un-go」では戦意高揚のため政治的に作られたアイドルの話になっていた。このアイドルグループの名前が「ヨナガヒメ」であるのがいかにもオマージ…

「明治開化 安吾捕物 その三 魔教の怪」 坂口 安吾

秋雨の降りしきる朝。海舟邸の奥の書斎で、主人と対坐しているのは泉山虎之介。訪客のない早朝を見すまして智恵をかりにきたのであるが、手帳をあちこちひッくりかえして、キチョウメンに書きこんだメモと首ッぴきに、入念に考えこんでは説明している。後先…

「如是我聞」 太宰 治

有名な「志賀直哉への批判」である。 この人の時代にインターネットがあったら、ということを考えずにはいられない。 きっと面白いことになっただろう。 醜い顔の東洋人。けちくさい苦学生。赤毛布(あかげっと)。オラア、オッタマゲタ。きたない歯。日本に…

「フォスフォレッスセンス」 太宰 治

締め切りまでに原稿が書けなくて、編集者の前で口頭で即興の物語をつくり記述させた、というエピソードを聞いたことがあったので、どんな酷い作品だろうかと思ったら全然そんなことはなく、むしろ出来過ぎているとさえ感じた。頭の中ではすでに出来上がって…

アクセスカウンター