Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

醜悪にして美しい絶版本【夜のみだらな鳥】ホセ・ドノソ

絶版本。ホセ・ドノソの「夜のみだらな鳥」。 どうしても読みたかったのでAmazonでそこそこの値段(定価の4倍くらいでした)で注文したのですが、それでも買って良かったと思えるすごい本でした。 感想 "名門アスコイティア家に、待ち望まれていた嗣子《ボー…

読むものを魅了する稀代の書【アラビアの夜の種族】古川 日出男

日本推理作家協会賞&日本SF大賞受賞作。 聖遷暦1213年、偽りの平穏に満ちたカイロ。訪れる者を幻惑するイスラムの地に、迫り来るナポレオン艦隊。対抗する術計、それは大いなる陰謀のはじまりだった。語られるのは、存在しない物語。13世紀エジプトを舞台…

アフリカ文学の衝撃【やし酒飲み】感想

起承転結なんのその。因果関係なんのその。これを読めば、普段いかに私たちは常識に縛られているかわかります。読書を超えた、脳みそが溶けるような経験がこの一冊に。――サンキュータツオ アフリカ文学の最高峰といわれる「やし酒飲み」。著者のエイモス・チ…

現代のディストピア小説【ボラード病】ネタバレ感想

密かにはびこるファシズム、打ち砕かれるヒューマニズム。批評家を驚愕・震撼させた、ディストピア小説の傑作。 この本は内容を知ってしまってから読んだのだが、できれば何も知らずに読みたかった。 「どんでん返しがある」「何かが隠されている」などと言…

文庫X【殺人犯はそこにいる】―真犯人「ルパン」と、今なお隠蔽され続ける不都合な真実

これは小説ではない。なんというジャンルになるだろうか、ドキュメンタリー、ノンフィクション、ルポ、暴露本・・・しかし内容は程度の低いゴシップなどではない。 凶悪な「連続幼女誘拐殺人事件」の犯人は実は冤罪で、真犯人は別にいる。そして警察は、真犯…

犯人の“人格”は誰?【人格転移の殺人】ネタバレ感想

人格が入れ替わるというSFのような設定だが、決められたルールは厳密に守られ、例外や反則はないので気持ちよく騙されることができる。「人格転移システム」の存在や、CIAのような組織が暗躍することも、舞台がアメリカなのであまり違和感がない。また、様々…

サマンタシュウェブリン【口のなかの小鳥たち】感想

本棚から本を取り出して読むというより、ギャラリーを歩くかインディペンデント映画を見るようなつもりで読め——マリオ・ベジャティン アルゼンチンの作家、サマンタシュウェブリンによる15篇の短い物語。 Amazonにもレビューがなく、「サマンタシュウェブリ…

緻密な設定の妙【七回死んだ男】ネタバレ感想

主人公の大庭久太郎は、自分の意図と関係なく、時間の「反復落とし穴」に入るとの設定である。(解説より) 「バタフライ・エフェクト」、「時をかける少女」、「アバウト・タイム」など、「過去に戻って変更を加えることができる」設定のストーリーは多々あ…

スポ根×音楽×ミステリー【さよならドビュッシー】ネタバレ感想

「カエル男」の解説を読んで気になったのでこちらも読むことに。たしかに甲乙つけがたい。しかし最後にはこちらが選ばれたというのは納得です。カエル男のプロットもすごいですが、ドビュッシーの方が人物が魅力的に書かれていると感じました。 【連続殺人鬼…

社会派サイコサスペンス【連続殺人鬼 カエル男】ネタバレ感想

タイトルからはB級映画のような印象を受けるが、これがなかなか本格派。最初は「連続殺人鬼 カエル男」ではなく「災厄の季節」というタイトルだったそう。 著者は映画化もされた「さよならドビュッシー」の中山 七里。 【さよならドビュッシー】 - Empty Stu…

筒井康隆のミステリー【ロートレック荘事件】ネタバレ感想

期待が大きすぎたか。仕掛けが分かってしまった。でもこのラストは良い。 感想 ある程度この手のトリックに慣れていれば、すぐに気が付くだろう。「工藤忠明」「木内典子」など、登場人物は皆フルネームで語られるが、「濱口」と「重樹」は絶対に 「濱口重樹…

透明な水槽のなかの生き物【コンビニ人間】感想

芥川賞受賞作。考えさせられる部分が多くありつつも、読みやすく、純粋に娯楽として楽しめる一冊。 あらすじと感想 主人公は、同じコンビニで18年間アルバイトをしている36歳独身女性。こう書くと人生に焦りを感じているアラフォー女子の話かと思われるのだ…

まるでドグラ・マグラ【向日葵の咲かない夏】ネタバレ感想

道尾作品は「片眼の猿」「カラスの親指」に続いて3冊目。 【片眼の猿】感想 - Empty Study 道尾秀介の叙述トリック作品は複数ありますが、一番有名なのはやはりこの作品ではないでしょうか。評価が分かれていますが、その理由にも納得。叙述トリックの中で…

【砕け散るところを見せてあげる】の叙述トリックを詳しく解説します

作品紹介 解説(ネタバレあり) 「玻璃」と「俺」の会話(P5~6) 「父さん」と「母さん」と「俺」の話(P7~20) 「清澄」と「玻璃」の話(P21~300) ミスリード 年代の描写 清澄のお父さん あの子は死んだ ここからは誰の話? (P301~309) 再び「俺」の…

語り手は嘘を吐かない【星降り山荘の殺人】ネタバレ感想

なるほどこれは上手い。 たった一言で覆すのではなく、「たった一言でミスリードする」作品です。 感想 閉ざされた山荘での連続殺人、これ以上ないベタな設定。加えて登場人物のキャラが濃い。特徴としては、全てを知っている存在の語り手がときおり登場し、…

エンターテイメント映画を見たような【マリオネットの罠】ネタバレ感想

久しぶりで懐かしささえ覚える赤川次郎。小学生の頃に幽霊シリーズや三毛猫ホームズシリーズなどを読んでいたが、内容はろくに覚えていない。というか、ちゃんと理解して読んでいたのかさえあやしいものである。 赤川次郎といえば軽いタッチでコミカルなイメ…

隠すことで際立つメッセージ【片眼の猿】ネタバレ感想

ハードボイルドな世界観の私立探偵もの。文体はかなり軽く、ライトな娯楽作品。いちばん最初に読んだ叙述トリック作品はおそらくこれだと思う。そうとは知らずに読んだが、あとになって言われてみればたしかに叙述トリックだった。 ※以下、「at Home」と「葉…

散りばめられたあざとさ【葉桜の季節に君を想うということ】ネタバレ感想

最後の「補遺」がたいへん興味深いです。いろんな意味で。ここだけ読んでも面白いと思います。もちろん、小説を読むつもりなら、先に「補遺」を読んではいけません。 叙述トリックのおすすめには必ず名前があがるものの、評価は分かれる問題作。Amazonの評価…

【容疑者Xの献身】は叙述トリックか否か

この有名すぎる作品は6~7年前に読んだものだが、なぜ今更レビューを書くかというと、この本が「叙述トリックのおすすめ作品」に挙げられることが多いからである。この作品が叙述トリックかどうかは意見が分かれるようだ。もちろん、叙述トリック作品であ…

大胆にして上品なクラシック【アクロイド殺し】ネタバレ感想

アガサ・クリスティといえばミステリ好きでなくとも知っている超有名作家。「そして誰もいなくなった」や「オリエント急行殺人事件」などの作品も、「読んだことはないがタイトルは知っている」という方は多いだろう。かく言うわたしもそのひとり、アガサ・…

計算された喜劇【倒錯のロンド】ネタバレ感想

遊び心のある、ちょっとひねったプロット。文章は平易で読みやすい。少し物足りないくらいだが、プロットが凝っているので文章はこのぐらいあっさりしている方がいいのかもしれない。 登場人物があまり魅力的でないのだが、これは「魅力的に書けていない」の…

仕掛けもグロさも一級品【殺戮にいたる病】ネタバレ感想

叙述トリックはもちろん、グロ描写でも名高い作品。 いきなり犯人の蒲生稔が逮捕されるシーンから始まる。わたしはスマートフォンで読んでいたため、操作ミスでエピローグに飛んでしまったのだろうかと一瞬疑ったが、そうではなかった。この作品は「エピロー…

”たった一行”のエスプリ【十角館の殺人】ネタバレ感想

この作品はかなり有名らしく、いくつかのサイトでは「ミステリ好きなら当然読んでいると思うが・・・」なんて書かれていたので読んだ。 過去に怪事件があった無人島を訪れるミステリ研究会の大学生7人、趣向をこらした館、そこで起こる連続殺人事件、まさに…

【人はお金をつかわずにはいられない】 久間 十義/朝倉 かすみ/山崎 ナオコーラ/星野 智幸/平田 俊子

欲望を満たすため、社会に活かすため、生活のため…ただ、つかうため? 5人の作家による、「お金」にまつわる短編集。 グレーゾーンの人 久間十義 金利ばかりじゃなく、すべてにグレーゾーンは必要なんですよ。 消費者金融で働く男性の語りを通して、金融の裏…

俗っぽさと、夢の中のような浮遊感【死んでいない者】感想

芥川賞受賞作。芥川賞作品を読むなんて綿矢りさと金原ひとみのとき以来だ、なんて思ったがそういえば「火花」も読んだ。こう書くとずいぶんミーハーだ。又吉氏の作品でいちばんいいと思うのは「東京百景」だが。 最近はなんだかんだで芥川賞受賞作を読んでい…

サイト説明

Empty Study/本のない書斎/中身のない研究 いわゆる書評ブログ。わたしは「書評」という言葉は好まないが、本の紹介をしたり疑問や感想を述べたり解説のようなことをしたりしているので一応「書評ブログ」というカテゴライズになるのだろうと思う。作者へ…

アクセスカウンター