読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Empty Study

本のない書斎の書評ブログ

歌野 晶午

散りばめられたあざとさ【葉桜の季節に君を想うということ】ネタバレ感想

最後の「補遺」がたいへん興味深いです。いろんな意味で。ここだけ読んでも面白いと思う。もちろん、小説を読むつもりなら、先に「補遺」を読んではいけません。 叙述トリックのおすすめには必ず名前があがるものの、評価は分かれる問題作。Amazonの評価は1…

アクセスカウンター