読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Empty Study

本のない書斎の書評ブログ

犯人の“人格”は誰?【人格転移の殺人】ネタバレ感想

人格が入れ替わるというSFのような設定だが、決められたルールは厳密に守られ、例外や反則はないので気持ちよく騙されることができる。「人格転移システム」の存在や、CIAのような組織が暗躍することも、舞台がアメリカなのであまり違和感がない。また、様々…

緻密な設定の妙【七回死んだ男】ネタバレ感想

主人公の大庭久太郎は、自分の意図と関係なく、時間の「反復落とし穴」に入るとの設定である。(解説より) 「バタフライ・エフェクト」、「時をかける少女」、「アバウト・タイム」など、「過去に戻って変更を加えることができる」設定のストーリーは多々あ…

アクセスカウンター