Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「赤毛連盟」The Red-Headed League アーサー・コナン・ドイル

 

『シャーロック・ホームズの冒険』より。

 

青空文庫は「赤毛連盟」だが、「赤毛連合」という翻訳もあったと思う。わたしが子供の頃に読んだものは「赤毛軍団の秘密」とかそんな感じのタイトルだった。まあ、アイリーン・アドラーがシャーロック・ホームズと結婚したと思っていたくらいだから、子供の頃の記憶など当てにはならないが。しかしこの作品に関しては内容をしっかり覚えている。せっかくなので、読む前に思い出して書いてみようと思う。

 

依頼人は赤毛の男。条件が「赤毛」という求人に面接に行くと、すぐに採用が決まった。仕事に出かけると、そこで辞書を書き写すなどの無意味としか思えない作業を与えられる。赤毛の男は、どうもあやしいと思って相談に来たのである。さて、赤毛の男を雇った者にはある目的があった。赤毛の男を家から連れ出すことだ。そのために「赤毛」という条件で求人をした。仕事は口実にすぎないから適当な作業をさせておいたのだ。男を家から遠ざけている間、男の家の地下ではトンネルが掘られていた。実は、地下から銀行強盗をしようという計画が動いていたのだ――

 

このような内容であったと記憶している。

 

さて読んでみると、おおむね記憶は正しかった。赤毛の男の家は質屋の商売をやっており、その従業員が主犯であったこと、その人物は有名な犯罪者であったことは忘れていた。それから、赤毛の男がホームズのところに依頼に来たのは、「不審に思ったから」ではなく、美味しい稼ぎぶちを失った口惜しさからであった。

 

「私立探偵濱マイク」でも地下を掘る話があったし、「赤毛連盟」はシャーロック・ホームズシリーズの中でもパロディとかオマージュの多い作品であると思う。

 

 

 

図書カード:赤毛連盟

 

アクセスカウンター