Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「D坂の殺人事件」 江戸川 乱歩

 

乱歩の「心理試験」を読んでいたのだが、途中で「D坂の殺人事件」の話題がでてきたので読むのを中断して先にこちらを読むことにした。

 

タイトルは知っていたが、これが明智小五郎の登場する作品であるということは知らなかった。おそらくこれが初めての登場作品だろう。この作品における明智は「名探偵」ではなく、探偵小説好きの変人として登場する。少年探偵団のシリーズに出てくる名探偵明智小五郎とは別物として見る方がしっくりくる。また、小林刑事という人(この人物はなかなかの手腕らしい)が登場するのだが、小林少年と関係があるのだろうか。このあたりは他の作品も読んでいけばそのうちわかるだろう。

 

作品の特徴としては、所々で乱歩が直接読者に語りかけるような箇所がある。こういう作風は今まで読んだ中にはあまりなかったように思う。

 

さて、事件の概要はこうである。D坂の古本屋の奥でそこの細君が殺されていた。現場から誰にも見つからず出ていくことは不可能に見えるのだが、そのような人物は目撃されていない。犯人は誰か、そして、どこへ消えたのか。また、犯行の動機も不明である。

 

状況からはどうしてもポーの「モルグ街の殺人事件」を連想してしまうが、乱歩は先にポーやドイルの例を出し、この事件はそのような「動物によるもの」ではない、ということが示される。

 

あえてそうしているのだとは思うが、「どうやって出ていったか」や「犯人の着物の色」などが問題視され、犯行の動機が何かということについてはあまり話題にならない。そこに目を向けていたのは明智だけだ。

 

明智の推理には変わった特徴がある。物的的な証拠に頼ることを否定しているのだ。

 

僕のやり方は、君とは少し違うのです。物質的な証拠なんてものは、解釈の仕方でどうでもなるものですよ。一番いい探偵法は、心理的に人の心の奥底を見抜くことです。だが、これは探偵者自身の能力の問題ですがね。

 

「解釈の仕方でどうにでもなる」というのは、乱歩の他の作品でもよく描かれる。

 

この犯人は、いわゆる探偵小説のようなトリックは一切用いていない。

わかってしまえば真相は実に単純明快である。単純で、それでいてどんなトリックよりもドラマチックだ。

小説にこの言葉を使うのは可笑しいかもしれないが、事実は小説よりも奇なり、である。個人的には「愛の流刑地」を思い出した。

 

この作品のようなある意味合意の上の殺人、というのは今でこそ(少なくとも小説の中においては)めずらしくはないが、当時はなかなか衝撃的だったのかもしれない。

 

犯人がわかっていながら、証拠がないので警察には取り上げてもらえないだろうと語る明智は、やはり「少年探偵団」の「名探偵明智小五郎」とは別人に思える。こちらの人物の方が好みだ。

 

 

図書カード:D坂の殺人事件

 

アクセスカウンター