Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「花婿失踪事件」A Case Of Identity アーサー・コナン・ドイル

 

読んでいてなんとなく知っている気がしたのでおそらく再読。

 

大胆で面白いけれど、現代の作家がこれをやっても受け入れられないだろうと想像する。さすがにそれはないだろう、と。昔の方が自由で大胆な発想の作品が受け入れられやすかったのかもしれない。リアリティよりエンタテインメント。

 

ホームズがウィンディバンクに怒りを露わにするのが少し意外だった。人間らしい一面もあるようだ。

 

 

花婿失踪事件

 

アクセスカウンター