Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「屋根裏の散歩者」 江戸川 乱歩

 

これも気になっていた作品。こちらは最初から明智小五郎の登場シーンがある。

 

面白いのは、「D坂の殺人事件」や「心理試験」とは文体がまったく違うことである。

 

多分それは一種の精神病ででもあったのでしょう。郷田三郎ごうださぶろうは、どんな遊びも、どんな職業も、何をやって見ても、一向この世が面白くないのでした

 

あまり「シリーズもの」という意識では書いていないのかもしれない。

 

屋根裏の散歩に夢中の郷田は、天井から毒を垂らすという完全犯罪を思いつく。その刺激的な考えに取り憑かれた郷田は、ついに犯行を行ってしまう。

 

今回も明智の手に物質的な証拠はない。またしても巧みな演技で自白をさせる明智。なるほど明智小五郎作品というのは、推理はもとより、犯人との駆け引き(これが明智の言う「心理的方法」である)が大きな特徴なのかもしれない。

 

 

図書カード:屋根裏の散歩者

 

アクセスカウンター