Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「技師の親指」The Adventure of the Engineer's Thumb アーサー・コナン・ドイル

 

ワトソンのところに、親指を切断された男がやってくる。ワトソンの紹介でホームズの元を訪れる2人、そこで語られる恐ろしい体験。

 

男はエンジニア。異様に良い報酬で、機械の故障を見る仕事を頼まれるが、そこで会った女に逃げるように言われる。忠告を無視して仕事を行ったが、男は口封じのために殺されそうになる。女の助けで何とか逃げることができた。

 

男が見た機械は、話に聞いていた用途には見えなかった。実はこの機械で偽造鋳造が行われていた。

 

ホームズらはその場所へ向かうが、家は家事で焼け、犯人らは逃げ出した後であった。話はここで終わり、犯人は捕まえることができなかった。

 

事件としては面白かったが、今回はあまりホームズの活躍はない。推理が見られるのは、犯人の家がどこにあるか、という部分だけである。

 

 

技師の親指

 

アクセスカウンター