Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「晩年」に就いて 太宰 治

 

これは太宰が遺書のつもりで書いた第一創作集「晩年」について太宰自身が語っているものである。内容からすると、「あとがき」というよりは「はじめに」のようなものだろうか。

 

本編に劣らず「あとがき」が面白い作家というのがおり、わたしにとって真っ先に思い出されるのは中原昌也なのであるが、この『「晩年」に就いて』もたいへん魅力にあふれたものである。

 

遺著として書いただけあって、何にも縛られず自由な感じを受ける。これから作品の方も読むつもりである。

 

私の小説を、読んだところで、あなたの生活が、ちっとも楽になりません。ちっとも偉くなりません。なんにもなりません。だから、私は、あまり、おすすめできません。

 

 

 図書カード:「晩年」に就いて

 

アクセスカウンター