Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「鳥箱先生とフウねずみ」 宮沢 賢治

 

「ツェねずみ」「クねずみ」の他には無いかと探したらこれがあった。鳥かごが当然のように喋っているのは、童話であれば別に特筆すべきことではないはずなのだが、なんだか不意をつかれたようで妙に引き込まれた。

 

大人になってから読む宮沢賢治は本当に面白い。学校で習ったのは一体何だったのだろう。良さが分からないのはもちろんわたしが未熟だったせいもあるだろうが、もっとこういう作品も教えてほしかった。

 

最後は猫大将が現れ、宮沢賢治的安定の結末を迎える。

 

ほんとうは怖い賢治童話 (オフサイド・ブックス)

ほんとうは怖い賢治童話 (オフサイド・ブックス)

 

 

図書カード:鳥箱先生とフウねずみ

 

アクセスカウンター