Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「白痴」 坂口 安吾

 

安吾の書く戦争が好きだ。戦争を肯定する意図はない。安吾の書く戦争には、後からとってつけたような偽善がない。ありのままを的確に描いている、と思う。映像や写真で見る戦争よりも、なぜだかずっとリアルな感じがするのだ。

 

反戦を訴えるような作品よりも、こういった作品の方に、より戦争の時代の空気が感じられる気がする。

 

白痴 (新潮文庫)

白痴 (新潮文庫)

 

 

図書カード:白痴

 

アクセスカウンター