Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「老年」 芥川 龍之介

 

芥川龍之介の処女小説がこの「老年」らしい。

まだ22歳の若さで、ずいぶん渋い作品である。

 

わたしはこれを読んで、ひとつ気付いたことがある。それは志賀直哉についてである。

志賀直哉の作品に、「老人」という、似たタイトルの短編があるので、無意識に比べていたらしい。そうすると、志賀直哉が「簡潔」と言われるのがなんとなく分かるような気がしたのである。

 

「老人」―『夜の光』 志賀 直哉 - Empty Study

 

志賀の「老人」は、ある男の半生が分かりやすく語られる。芥川の「老年」は、まず状況の描写から入り、ご隠居が登場するまで間がある。そうして、ご隠居の様子が細かく描写されるのである。

 

これは内容の違いであって、文体の違いとはまた少し違うかもしれない。それでもなんとなく、なるほど志賀直哉は簡潔である、というのが妙に腑に落ちる感覚があった。

 

二人とも、空想には白粉おしろいのにおいがうかんでいたのである。

 

簡潔に書くと、「女がいると思った」という部分だ。この表現、22歳の若さとはとても思えない。

 

芥川龍之介全集〈第1巻〉羅生門 鼻

芥川龍之介全集〈第1巻〉羅生門 鼻

 

 

図書カード:老年

 

アクセスカウンター