Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「妖怪博士」 江戸川 乱歩

 

怪人二十面相シリーズの3作目。

先に「青銅の魔神」を読んだが、「青銅の魔神」は「妖怪博士」に続く4作目の作品。

 

今回二十面相は誰かに成りすますのに加えて、「蛭田博士」とか「殿村弘三」とかの人物を作り出して演じている。蛭田博士を演じて子供らを軟禁し、今度は殿村という私立探偵を演じてその犯行を暴く。もはや涙ぐましい努力すら感じる壮大な一人芝居である。

 

前回の話で爆死した(しかし死体は見つからなかった)と思われた二十面相が実は生きていて、明智と少年探偵団に復讐をする、というのが今回のストーリーであり、予告状を出して美術品を盗む、という趣向ではない。

 

青空文庫にある乱歩の作品はあまり多くないので片っ端から読んでいたが、二十面相のシリーズはこの辺で一旦区切りをつけようかと思う。

 

妖怪博士: 私立探偵 明智小五郎 (新潮文庫nex)

妖怪博士: 私立探偵 明智小五郎 (新潮文庫nex)

 

 

図書カード:妖怪博士

 

アクセスカウンター