Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「不連続殺人事件」 坂口 安吾

 

坂口安吾が「犯人を当てた者に懸賞金を出す」とした鳴り物入りの探偵小説である。

 

第一章、登場人物の多さとその関係の複雑さに面食らった。「俗悪千万な人間関係」とある通り、見事なまでの俗悪ぶりである。その上30名近くいる彼らは名字で呼ばれたり名前で呼ばれたり、果てはアダ名で呼ばれたりと混迷を極め、早くも読者は煙に巻かれてしまう。

 

雪山の山荘とは言わないが、ある程度閉ざされた空間で事件は起こり、登場人物の中に犯人がいるであろう状況である。別に帰ろうと思えば帰ることができる状況で、全員が歌川家にとどまり続けるのは言われてみれば不自然ではあるが、読んでいる間はいっこう気にならなかった。独特の世界観にあてられていたからであろうか。この登場人物たちは、どんどん殺人事件が起こるというのに、怯えたり悲しんだりということをほとんどしない。それどころか、誰が犯人かわからぬ状況で、一人でアイビキに出かけてしまうのである。愛慾に溺れる彼らからは、戦後のデカダンすら感じる。

 

普通このような状況になれば、自分の身を案じて恐怖したり、疑心暗鬼になって険悪なムードになったり、という描写があるものだが、そのような場面はごく少ない。そんなありきたりなつまらない描写は、この「ゲーム」には邪魔なのである。それに登場人物たちはとにかく複雑な関係にあり、疑心暗鬼は今に始まったことではない。

 

 

まだ誰も殺されないうちから、わたしはこのようなことを考えていた。「不連続」ということはつまり、それぞれの殺人は独立したもので、犯人も別なのではないか。この推理とも呼べぬ邪推は、安吾の「附記」によって一蹴された。

 

附記 不連続殺人事件という題名が色々問題となり、要するに不連続というのだから、事件ごとに犯人が違っているんだろう、という名探偵がしきりに登場している由、先ずヨミスギ刑事が拙宅へ現れて、あの題名が手掛りさとカンのいいところを見せて行きましたが、どうやらヨミカタが足らないようです。 

アタピン女史もはるばる九州飯塚から親書をよせられ、七人か八人死ぬそうだけど、殺した犯人が次々に殺されて行くなんて、イヤなトリックね、とこれ又実に、さすがにアタピンアタマへピン、恐れ入りました。そう易々とトリックを見破ってはいけません。 

題名から犯人を推定するなんて、半七捕物帳の手口ですよ。カングリ警部は探偵小説の本の装釘の図案から犯人を推定する達人でしたから、まことにどうも、明治維新以後は、とても真犯人は捕まらない。

 

カングリとか読ミスギとかアタピンとか、いろいろのアダ名の刑事が登場するのだが、これが実は探偵小説を読む読者の代わりに、読者に多い傾向の推理を披露するという趣向なのである。もちろんその推理は全て間違いである。恐れ入った。

 

この「附記」というのがたいへん面白い。この中で安吾は「挑戦状」として江戸川乱歩はじめ探偵小説作家の名を挙げている。太宰治の部分はあまりのことに笑いを禁じ得なかった。

 

附記 伊東の住人尾崎士郎先生、訪客に告げて曰く、坂口の探偵小説は、ありゃキミ、犯人は「私」にきまってるじゃないか。坂口安吾の小説はいつも「私」が悪者にきまってらア。だから、ハ、犯人はアレだ、「私」だよ、ウン、もう、分った。オイ、酒をくれ。
 三鷹の住人太宰治先生、雑誌記者に語って曰く、犯人はまだ出て来やしねえ。最後の回に出てくる。たった一度、なにくわぬ顔をだす、そいつだよ。きまってるんだ。最後の回にたった一度、何くわぬ顔のヤツ。オバサン、ビール。じゃんじゃん、たのむ。
 この両探偵は作者の挑戦状を受けるだけの素質がない。一目リョウゼンだから、細説は略す。

 

 

わたしは結局推理を諦めてしまった。考えるのが面倒になったのだ。これは安吾の計略にかかったというよりは、むしろ安吾にとって嘆くべき行為であろう。わたしは「ゲーム」の相手としてかなり不足のようである。

 

今月の挑戦状は、もう差上げるだけの素質ある人物が見当らなくなってしまった。天下に人なし。私はどうも日本人を買いかぶっていた。探偵小説を書いたばかりに、祖国の叡知に絶望を知るとは、残念、意外であった。

 

 

「不連続殺人事件」という、シンプルにして強烈なインパクトを持つタイトルを裏切らない作品。

 

犯人は意外ではない。奇をてらってもいない。いたってオーソドックス、正統派の探偵小説である。安吾によるヒントにも悪意はない。本気で取り組めば犯人は当たるように出来ている(4人が正解の答案を送ってきたそうだ)。犯人も動機も、非常に腑に落ち、納得できるものである。

 

この簡単な真実を覆い隠す独特の世界観、語り口、挑発的な附記、それらすべてが、親切すぎるほどにヒントを与えておきながら難なく読者を煙に巻く、壮大なトリックであったのだろう。

 

建物の部屋割りや付近の見取り図、バスの時刻表まで作り込まれ、安吾が楽しんでいたのがよくわかる。登場人物のひとりに坂口安吾の小説の批評をさせるという遊び心まで発揮している。

 

現代のインターネットのスピード感では、なかなかこのような遊びはできないだろうなあと思うと、少しだけ羨ましさも感じる。

 

不連続殺人事件 (角川文庫)

不連続殺人事件 (角川文庫)

 

 

図書カード:不連続殺人事件

 

アクセスカウンター