Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「株式仲買店員」The Stockbroker's Clerk アーサー・コナン・ドイル

 

しばらく間が空いたので、久々のシャーロック・ホームズである。ファンの方には怒られるかもしれないが、わたしはシャーロック・ホームズというのはライトノベルだと思って読んでいる。これは、シャーロック・ホームズシリーズやライトノベルを低く評価する意味ではない。気軽に消費されるコンテンツだからといって、気軽に作られているわけではない。

 

つまりどういうことかと言うと、ライトノベルを読むような感覚で、気軽に読めるのだ。わたしにとってこのシリーズは、シャーロック・ホームズというキャラクターや、ワトソンとの会話や、その世界観を楽しむ作品であり、その意味できわめて「ライトノベル的」である。事件が持ち込まれる前の、ホームズとワトソンが他愛もない会話をしているようなシーンがむしろ見どころなのだ。

 

ちなみにドイル自身は歴史小説を重要視しており、シャーロック・ホームズシリーズが代表作となることはあまり良しとしなかったようである。

 

「株式仲買店員」は、ホームズの方がワトソンを訪れるという少し珍しいパターンで始まる。事件そのものは少し違うのだが「赤毛連盟」を思わせた。

 

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

 

 

株式仲買店員

 

アクセスカウンター