Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「妖婦」 織田 作之助

 

「世相」で語られていた、阿部定を題材にした小説である。

 

面白く読んでいたのだが、安子が芸者になる、というところで終わってしまった。

殺害はおろか、その相手もまだ登場しないし、織田が「小説にするならここが山場だろう」と言っていたシーンも描かれていない。阿部定を期待すると少し違うかもしれない。

 

調べてみたが、特に未完の作品であるというわけでもないらしい。

 

妖婦というタイトルだが、作品に重い部分はなく、コミカルですらある。天性の妖婦である安子はこれからどんどん妖艶になっていくことが予想されるが、この時点ではむしろ可愛らしい。

 

萌えで読む!「妖婦」

萌えで読む!「妖婦」

 

 

図書カード:妖婦

 

アクセスカウンター