Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「明日は天気になれ」 坂口 安吾

 

エッセイ集。

 

獅子文六と交流があったことが書かれている。わたしは安吾のカタカナ使いに獅子文六を思い出していたので、また獅子文六はもっと後の時代だと勝手に思っていたのでこれには少し驚いた。

 

短いエッセイが100話あるので少しづつ楽しんだ。

 

 

明日は天気になれ

明日は天気になれ

 

 

 

図書カード:明日は天気になれ

 

アクセスカウンター