Empty Study

本のない書斎/中身のない研究

「フォスフォレッスセンス」 太宰 治

 

締め切りまでに原稿が書けなくて、編集者の前で口頭で即興の物語をつくり記述させた、というエピソードを聞いたことがあったので、どんな酷い作品だろうかと思ったら全然そんなことはなく、むしろ出来過ぎているとさえ感じた。頭の中ではすでに出来上がっていたのかもしれない。本当にこれを即興で述べたのだとしたら、とんでもない人である。しかし太宰ならそれくらいやりそうだとも思わせる。底の知れぬ人である。

 

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

 

 

図書カード:フォスフォレッスセンス

アクセスカウンター